全国遠洋沖合漁業信用基金協会
TOP 反社勢力対応 個人情報保護宣言 サイト利用にあたって サイトマップ
協会について 協会組織 業務・財務 保証制度 リンク お知らせ
 業務・財務
 業務内容
  当協会は、中小かつおまぐろ漁業者、大中型まき網漁業者等が経営に必要な資金を借入する際、金融機関に対して負担する債務を保証し、融資の円滑化を図る団体です。
 この保証業務は、中小漁業融資保証法(昭和27年12月27日法律第346号)に基づく漁業信用保証制度として運営されており、国、関係する道県市町からの強力な支援を受けています。
(単位:億円)
  H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 H30年度
保証引受額 236 189 136 123 159
保 証 残 高 152 127 104 81 99

業務内容グラフ表
 財務状況
  当協会は、漁業者、水産業協同組合、関係する道県市町、金融機関からなる会員の出資を基本に、安定かつ十分な財務基盤のもと、役割発揮に努めています。
(単位:億円、%)
  H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 H30年度
出資金 89 88 89 87 87
内部留保 16 17 15 16 17
弁済能力比率 7,721 10,823 12,322 28,341 26,327
 (注)
 内部留保:繰入金、準備金、当期損益の合計額
 弁済能力比率:保証債務の弁済能力の充実度合いを表す指標(法令上の基準は200%以上)
 戻る